FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
2008/07/30(水) 03:06:45

買っちゃったorz

今日久々に新刊屋に行って、刊行チェックしてたら、西尾の新作出てるやん。
しかも、黒猫さんと様刻やんけ!!
何気にお気に入りな、様刻くん。
買うっちゅうねん、そりゃ。
「不気味~」は、あんまり興味なかったから、いつもの古本屋に入るのを、気長に待とうと思ってたのに、こうなったら関連があるかも知れんと思って、一緒に買いましたがな・・・orz


きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス ニJ- 22)きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス ニJ- 22)
(2008/07/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


あのさー、どうでもいいけど西尾、どっかで「きみぼく」もう書かないって言ってなかったっけ?。
黒猫さんと様刻くんのやつ。
「あの物語は、完全に完結してるので」とか言ってなかったっけ?
気のせいか?

この3作目の「きみぼく」は、黒猫さんと様刻くんが、ロンドンを舞台に、活躍するそうです。
こんどは、黒猫さんの一人称で、お話は進んでます。
今のところは。
現在読んでる最中。


不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20)不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20)
(2007/10)
西尾 維新

商品詳細を見る



読んだがな。一気に。
時間の関係上、「不気味~」だけやけど。
なんでこんなにも、西尾維新は面白いんかなぁ?
ああ、でも刀語りは、いまいちやった感じが。
まぁそりゃどうでもいいとしてやな。

今日はmixiでも更新しよかな、とか。
エステ行ったから、そのことアップしようかな、とか。
いい加減部屋片づけな、見えてる床面積が畳一畳分も無くなってきたな、とか。
その前に、自身に課した、手芸品を完成させなあかんな、とか。

計画相倒れですわ。

くそう、西尾め!!!
読書にかけた時間、返し・・・・ていりません。
ああもう!面白かったやんけ!!!

一応ブックレビューでエントリー(?)したから、ちょこっとだけ書こうかな。

相変わらず、出てくるキャラは、みんなどっか壊れてますwwww
主人公のお姉ちゃんが、微妙に巫女子ちゃんとかぶってて、そこがまたよし。
表紙の子が、学ラン着てたから、黒猫さんの従弟かと思ったら、従妹でした。
声優不要の超絶無口キャラです。
西尾維新らしい、強引なキャラです。
設定が。
ちゃんと人が死んでるんですが、戯言と違って、死体描写があんまりないですね。
そんなことより、キャラの壊れっぷりを、ご堪能ください、みたいな。
あとがきにもありますが、黒猫姉さんが、どっかで出てきます。
あの怒涛のテンションを読むと、ちょっとウキウキするわ。
惜しむらくは、中学生という設定なんですが、キャラ設定という観点からは、あんまり活かされてないな。
犯行がお子様という事で、中学生なんだろうな。
確かに高校生で犯ってもうたら、ただのアホやわな。
あと様刻と、今回の主人公・弔士くんが、どうも被り気味。
・・・・・・・いつものことか。
とりあえずこっちも、できれば続編希望。
高校生になった弔士くんが、読みたいですな。
うーん・・・こっちの方が無理かな?

うんまぁ、能書きとか理屈とかどうでもいいから、読んで。
面白い事に変わりはないんで。
34歳独身女(腐女子ですが)でも、ごく普通に楽しめる作品です。
ビバ西尾新!
[買っちゃったorz]の続きを読む
スポンサーサイト



 
2006/08/02(水) 13:44:08

『博士の愛した数式』

博士の愛した数式 博士の愛した数式
小川 洋子 (2005/11/26)
新潮社
この商品の詳細を見る


映画にもなったし、何か賞も貰ってる作品なんで、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが。
文庫になって古本屋さんに入ってきたので、漸く読めました。

本編は、家政婦さんの「私」の一人称で語られています。
登場人物も分かり易く、家政婦さんの「私」、私の息子の「ルート」、そして数学者にして、事故の後遺症で記憶が80分しか保たない「博士」。概ねこの3人のお話です。
あとここに、雇い主の「博士」の「義姉さん」くらいでしょうか。

全体的には、とても静かに流れるお話です。
小川洋子節炸裂って感じでしょうか。文体が綺麗なんですね。
数学の難しい事も書いてあるんですが(感心しました。流石作家さん、よく調べてらっしゃる事で)、「私」が普通の人なので、同じように「??」と思いつつ、すっかり博士の紡ぐ数学の美しさに酔っていけます。

 
2006/07/23(日) 13:26:19

劇ハマリ 『WILD ADAPTER』

※単なる独り言です※


いやもう、いきなりハマりました。
『WILD ADAPTER』というマンガなんですが、以後とを辞めて暇してたら、古本屋さんで1巻~4巻までが入っていまして、前から作者の峰倉かずやさんは読者としては知っていたので、何気に買ってしまいました。

マンガの内容は、こちらで確認していただくとして(笑)

何が言いたいのかって、買ったのが今月の頭だったんですが、今ドラマCDやグッズなんかを、せっせとオークションで買い求めて、きちんと計算はしていませんが、軽く2万円はつぎ込んだってコトで。
いやもう、久々にドップリとハマリましたな。
ここ最近腐女子萌えなんか、してなかったのになぁ・・・。
まだ連載ど真ん中のクセに、画集が出版社で在庫切れで、その内再販するだろうな~、と分かっていたのですが、我慢しきれなくてオークションで6千円で落札しましたがな(笑)
図書カードだのテレカだの、使わないのは当然のことながら、愛でる為にいったいどれだけつぎ込んだのか・・・。
しかも「ホルダー買いに行かなきゃ」とか思ってる辺り、末期もいいところだわ。
イツになったら、真人間に戻れるんだろうか?無理か(早っ)

ああもう、いやぁね、オトコがいないって(爆)


・・・・・・・・・・・・どうでもいいんだけど、”セブンアンドワイ”で検索したら、「本」「コミック・アニメ」「耽美」「徳間書店・キャラコミックス」ってなってて、かーなーりっ脱力したわ(爆)


峰倉先生の個人サイト
    ↓
nitroバナー

 
ねこあそび―ごろにゃんショート ねこあそび―ごろにゃんショート
九条 タカオミ (2004/02/26)
秋田書店
この商品の詳細を見る


このマンガには、台詞は一つも出てきません。
何故なら・・・・
猫にゃんとの愛の生活に、会話はいらないから!(爆)
や、でもホントにいらないんですよ、台詞なんか!
絵柄がとっても可愛くて、衝動買いした本なんですが、読んでて「・・・・さくらの事???」って思ったくらい、猫にゃんとの楽しい生活が、とてもよく観察された視点で描かれています。
絶対に読んだ人は「・・・・ウチの子のコト??」って思うはず!!!
これは、猫にゃんに愛があって、その上で一緒に生活してないと、分からないコトが、とってもキュートに描かれています。

もう是非ぜひゼヒ!読んでください!!

それしか言えません(笑)
 
アンコールが3回 (1) アンコールが3回 (1)
くらもち ふさこ (1986/08)
集英社
この商品の詳細を見る


なんか今日、帰りの電車の中で、突如読みたくなった。
なので帰りに、いつもの古本屋さん「街の草」へ。
したらば、ちゃんとあるんだな、これが(笑)
しかも復刻版の文庫じゃなくて、当時のままのマーガレットコミックスであったんだよ。スゲーな、相変わらず。大抵はある気がするぞ(笑)
でまぁ、ついでだから、店にあったくらもちふさこのマンガを買い占めてみました。っていっても3種類なんだけど。

『アンコールが3回』全3巻
これって途中経過は良く覚えてないんだけど、ラストの終わり方がスッゴクよかたのは覚えてる。”女の子”の気持ちが甦るぞ(笑)

『千花ちゃんちはふつう』全2巻
『A-Girl』全2巻
この二つは、記憶に無いんだよね~。
『千花ちゃん・・』は、昔読んだ気もしなくもないんだけど。
『A=Girl』は、絶対に読んでない(笑)

さて、明日のお休みは、この3作品と過ごしますか(≧∇≦)