FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
2006/01/25(水) 01:18:10

近況報告

こじろうが居なくなって、一週間が過ぎました。
だけど私の中の彼との時間は、さっぱり動こうとしません。

彼が亡くなった翌日、荼毘に臥しました。

その時
彼が死んでしまって、二度と瞼を閉じる事はないのを、この目で確かめました。
彼がカチンコチンに固まって、氷のように冷たくなったのを、撫で触って知りました。
彼が魚焼き器のような網の上へ置かれ、釜の蓋が閉まるのを、歪んだ視界の向こうに見ました。
蓋が開いて真っ白な骨だけになった彼を、子供みたいに泣きじゃくりながら迎えました。
腎臓があったところが、変な緑色になっていて、余計に涙が零れました。
骨を骨壷に入れ、最後の一片までも残さないように、持参した小さな瓶にも入れました。
葬儀屋さんが、お骨を入れられるキーホルダーを売っていたので、その中に犬牙二本と肋骨の一部を入れました。

今、家の仏壇の前には、こじろうの骨壷が置かれ、私の部屋には、小瓶に入ったお骨があり、私の鞄の中には、牙の入ったキーホルダーがあります。

こんなにも彼の死を顕す物に囲まれているのに、何で私はそれを受けきれないんだろう?

昨日の夜、私の部屋へ入ってきたさくらが、一瞬こじろうに見えました。
さくらはグレー、こじろうは真っ白。どうやって間違えたのか。
白い袋さえ彼に見えて、こんな事ってホントにあるんだと、少し呆れました。重症です。

この一週間、どうしようもない衝動に駆られて、何回も彼の名を呼びながら、彼の姿を部屋中探し回りたくなりました。
でもこればっかりは、してはいけない事だと、私の中のナニかが、強く引き止めました。一つ引かれたラインの、一歩手前にいる。そんな感じです。

「どうして、こじろうはおらんのやろ?」

ぐるぐる回るこの感情は、時間薬で治るでしょうか?

弱い私は、いつかラインを越えそうで、毎日ふらりふらりと、揺らめいています。
スポンサーサイト



 
2006/01/17(火) 07:20:23

こじろう 死去

本日6時半、こじろうがリビングで死んでいるのを、母が発見しました。

先週の木曜日に、壊死した左の頬を取ってから、何も食べなくなりました。
それ以前から、殆ど食べないに等しかったのですが、方頬がなくなってから、食べ難くなったのと、腎臓がかなり悪くなったからだと思います。
頬を取った日、いつもなら「(点滴の為に)毎日通って下さいね」という病院の先生が、何も言わなかったそうです。それだけ腎臓の悪化が酷かったのでしょう。
この5日間、お白湯以外は口にしませんでした。病院で教わったように、鼻先に餌を塗ってやっても、舐めとりません。
口をあけるのも辛かったのか、お白湯を飲む時も、殆ど口をあけずに、犬の様に水皿に口を突っ込んで、少し右に顔を傾けて飲んでいました。

昨日は私は仕事が休みで、ずっとリビングに猫にゃん3匹と一緒にいました。
その時に、サクラとぐーに「あんたら、こじろうの側におったってな。ウチ等がおらん時に、一人で死なんように、側におったって」とお願いしました。
その時、サクラがジッと私を見つめていました。
そして今朝、いつもなら私のベッドに来るサクラは、こじろうが死んでいたリビングに、一緒にいました。
偶然かもしれません。少し温かくなったから、たまたま今日はリビングで寝ていたのかもしれません。
でも私には、昨日のお願いを、彼女が聞いていてくれた様に思うのです。

こじろうは何も食べなくなってからの2日間、逆に良く動きました。
殆ど体力など無くなっていた筈なのに、2階のリビングから1階の玄関まで降りていた事がありました。
一度、雨の日に外に出ていた事がありました。
何処にそんな力があったのか。
幸い母が見つけて、その時は無事でした。
彼は生後半年ほどで家に来た、元は野良猫にゃんでした。
その本能が、己の死期を悟って、死に場所を探させたのでしょう。
最後には寝返りすら満足にできなかった彼ですが、最初の仔のムサシのように、私達に見取らせてはくれませんでした。
ひもじいまま死なせてしまったのは、本当に残念ですが、彼は彼なりの天寿を全うしたのだと思いたいです。

こじろう、何にもしてあげられなくて、ごめんね。
そして約17年間、我が家にいてくれて、ありがとう。
本当に、本当に大好きだよ。これからもずっと大好きだからね。

最後に、色々と心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。
精神的に、本当に支えになりました。
せっかく頂いた情報も、満足に使える間もなく、彼は亡くなってしまいましたが、皆様の温かいお気持ちは、彼にも届いたと思います。
本当に、ありがとうございました。

今はまだ、彼の死を知ったばかりで混乱していますが、落ち着いたら彼の画像をいっぱいアップしたいと思います。
少しでも多く、彼との思い出を残したいと思います。
 
2006/01/14(土) 07:24:02

フェア

まだ早朝ともいえる駅のホームから
下を流れる河をみる。
もっとよくみようと思い近付くと
小雨がパラパラと吹きつけた。
少し下がって濡れない場所でみていると
リスクが無いのはフェアじゃないと思った。
自然をみるのだから
雨に打たれる河をみるなら
濡れてしかるべきではないのかと。

濡れながらみた河は
何だかとても元気そうだった。
 
2006/01/04(水) 22:30:37

病院に行ってきました。

え~、昨日初めてコジロウの、かかりつけの病院にコジロウと一緒に行ってきました。
ウチにはキャリーバッグもあるのですが、入れやすい&運びやすい、という事から、ミニボストンバッグに入れて、首だけ出して車で連れて行きます。流石にコジロウもオジイなだけあって、若い頃の様に悪足掻きはしませんからね(笑)

病院には、オジサン先生とお姉さん先生がいて、コジロウの主治医はどうやらお姉さん先生のようです。
まだ「休診」の札のかかっている院内に入ると、処置室にいた先生が「あ、コジロウだ」と言って、招き入れてくれました。
診るのは主に口内炎の部分です。コジロウの場合は、既に「口内」ではなくなっているのですが・・・。

こじの病状


分かるかな?丁度頬っぺたの、おヒゲのある部分が、上下に開閉する蓋のように持ち上がるんです。ここの細胞が壊死してしまっていて、もうじき取れてしまう部分です。ぺロッと捲ると歯茎が見えます。
ここを先生二人と私の三人がかりで押さえつけながら、消毒してもらったりお薬塗ってもらったりしました。
コジロウは隙をみると、私の腋の下に顔を押し付けて「イヤイヤ~!」としとりましたが、そんな事ではお姉ちゃん(ルイカの事です)は絆されないぞ(笑)
ずずいっと先生の方へ押し戻しました(^_^;)

食欲が落ちているのは、腎臓の事よりも、この取れかけの頬っぺたが理由のようです。
先生曰く「取れかけている所と、下の歯茎の部分でまだ剥がれて間もない部分が、餌を食べようとすると擦れてしまって、それが痛くて”もうご飯いらない!”ってなっちゃうのよね」との事でした。なるほど。

そこで先生に無理なく食事をとらせる方法を見せてもらいました。
ペースト状のフードを、少し指にとり、コジロウの鼻とお口の間辺りに、ペトリと付けるんです。するとコジロウは気持ち悪がって、ペロリンと舐めとるんですね~。さすが先生!!(笑)
コジロウはカニカマが大好きなので、カニカマ入りの少し柔らかそうなペットフードを1箱買ってあげてたんですが、暫くはお預けかな。
我慢してね、コジロウ。元気になったら、嫌って言うくらい食べさせてあげるからね。

この日は口内炎の治療の後に、背中から皮下注射で点滴を打って貰いました。本当は血管から時間をかけて取らすのが一番らしいのですが、猫とかは皮下に余裕があるので、この方法で具合が悪くならない体質なら、時間がない場合などに有効だという事です。
あとは、もう一回背中からお薬を注射して貰って、本日はコレで終了です(^_^)


初めて母が連れて行った時には、「もうダメかも・・・」な状態だったコジロウですが、ここの先生は「コジロウが自力でご飯を食べられるくらいまで、治したいんです」と言って下さったそうです。
その甲斐あって、今は口内炎のせいで食べられませんが、食欲は示すくらいにまで回復しました。腎臓は治せないので、このまま悪い数値が上がらない様にする為の、お薬を飲ませるしかないんですけど、これはもう仕方がないと諦めて、少しでも長く生きていてくれる様に、頑張ります。
口内炎は頬っぺたが取れるとはいえ、(ちょっと違うかもしれないけど)治るし、取れて痛くなくなったら、ご飯を食べられるようになるんだから、頑張って通院しようね、コジロウ!お姉ちゃんも、出来る限り頑張るからね!!


さて。最近コジロウの暗いお話ばかりなので、癒し画像を一枚。
グー子和み系

我が家の癒し系、グー子のゴロニャン顔でした(笑)
 
2006/01/03(火) 00:39:55

オススメ本 猫編

先月あたりはあまり読書気分ではなかったのですが、それでも猫にゃん関係をいくつか読んだので、ブックレビューいきます!

『鍵の猫』 講談社X文庫 西門佳里・著
鍵の猫

■二つの心臓と、足裏にある三日月にも似た一本の余分の指。死んだ人間の魂を導き、向こうの世界に続く扉を開ける、選ばれし特別な猫、「鍵猫」。そんな特別な猫に選ばれた、新しい鍵猫は、記憶さえも失くした幼い仔猫・ニキだった。

★「死」を司るのが猫、「生」を司るのが鴉、という結構意外な設定ですが、割とすんなりと納得できる配役です。このお話は、所謂ファンタジーな、子供の成長の物語ですが、それだけでなく、世界を回しているのは人間だけでなく、あらゆる生き物の循環の中に組み込まれている、一つの機能なのだと考えさせられます。このお話の中では、人間だけが転生する事ができ、それ以外の生物は、死するとその魂ごと消滅してしまいます。人間は何故「特別」なのか?主猫公・ニキと共に、考えてみませんか?
 ライトノベルズなので、読み易いですよ。評価 ★★★★


『チーズスイートホーム』1,2巻(以下続刊) 
講談社 モーニングKCDX こなみかなた・著
チーズスイートホーム

■お母さん猫と兄弟達と、お散歩途中ではぐれてしまい、迷子になったちょっと暢気な仔猫たん。その仔猫たんを拾ったのは、ペット禁止のマンションに住む、とっても気の良い家族でした。

★オールカラーのマンガなんですが、何せ主猫公のチーちゃんが(名前の由来もかなり笑える)、激可愛い!!おしゃべり(勿論人間には理解されていません)の仕方が、舌足らずなのが、母性本能をギュムリ~っと押してくれます。「あえ?ママどっち?」「は~、びっくいちた」「おうち、かえう」など、是非とも仔猫を飼ったら、聞き耳頭巾で聞いてみたいラブリー言葉満載です!
温かほんわりしたい方、誰かに何かに癒されたい方、必見です!
評価 ★★★★★


[オススメ本 猫編]の続きを読む
 
2006/01/01(日) 17:23:47

驚愕の事実!!

正月そうそう、どえらい事が分かりました。
去年の暮れから、私の心臓をバクバクいわせてくれてるコジロウですが、更に心臓がパンクしそうな事実が発覚しました!

コジロウ ほっぺ取れそう


この丸で囲ってる中の黒い部分、この写真では分かり辛いとは思いますが、何とココが!
取れてしまうというんですよ!!

発覚したのは、昨日の夜何気に弟がオカンに話しかけた事でした。
弟:「おかん、コジロウの頬っぺた、アレ取れそうやんか」
私:(・・・・・・・・・・・は?)
母:「そうやで。アレ口内炎が悪化して、細胞が壊死してるねん。せやからその内取れるで」
私:・・・ええぇぇーーーーーーーーーーーΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛

き、聞いてませんよ、オカアサマ!!!
壊死してるのは聞いたけど、治りかけてる言うてたやん!!!??

私:「え・・・取れんの??(TДT;)」
母:「うん」
私:「・・・・で、と、取れたら・・・どうなるん?」
母:「そら(歯茎)剥き出しや

む、む・・・剥き出しってアンタ!!!サクっと言うなよ、んな事!!!!

衝撃を受けつつも、オジイの頬っぺを見ると、確かに取れかけてます!
おヒゲがあるコトロやのに、取れるって、どないなん??!!
オカン曰く「病院の先生もな、驚いてた。『普通こんなになる前に、口内炎で食欲が落ちて、飼い主が気付くはずやけどな・・・』やて。でもこの仔、普通にガツガツ食べてたから、分からんかったわ」
・・・・ええ、ええ、オカアサマ、あなたの言う通りですわ。
今回頬っぺたが腫れてるからといって、診察に連れて行ったら”腎不全”とか言われて、そっちに気が行ってたけど。口内炎やいうのも、そん時に聞いたけど。腫れてるのがそのせいやとも聞いてたけど。
でも!!!
コジロウ、ゴメン!!ホントにごめん!!こんなんなるまで、気付いてやれんで、ホンマにごめんな!!
アンタの口が臭いのは、7キロあった時からやったから、最近また臭いのが酷くなってるのも、加齢臭やと思い込んだ姉ちゃんが悪かった!!
頬っぺたが落ちるて、そんな美味しい物食べさせた憶えはないで?
なんでこの仔がこんな目にあわなあかんねんなっ!!??
ムサシの時から言うてるやん。「何かあったら姉ちゃんが替わったる」って。「姉ちゃんの寿命ごときでよければ、何にでも使ってええよ」って!!
誰なんやろ?こういう事を決めるのは。
病気になるとか、怪我するとか、死んじゃうとか。
何で替わってあげられへんねやろ?
ウチが今、べぞべぞ泣いたところで、誰も何も聞いてくれへんのなんか分かってるねんけどな。
別にエライ神様がいてるとは思わんけど。
全知全能とやらの、お偉いさんが聞いてくれるとは思わんけど。
そこら辺におる付喪神でええから、ウチの寿命か頬っぺたと、交換してやってくれへんかなぁ。
ここまで頑張って生きてきたんやから、最後まで五体満足に過ごさせてやりたいねんけどなぁ。
これって、そんなに贅沢な事なんやろか?

こじろう でも暢気に寝てる

それでも本猫は暢気に窓辺で昼寝。いつまでもいつまでも、そうやってて欲しいなぁ。
 
2006/01/01(日) 01:31:41

あけおめー!

いや~、新年迎えちゃいましたねぇ。もう2006年ですってよ。
ミレニアムとか言ってたのが、遠い昔になってまったやんなぁ?
何か毎年一年の時間経過が、短く感じるようになってきたのが、ちょっとどころでなく寂しいわ(笑)

さて。今年も例年通り、「ジャニーズ・カウントダウン」を見ながら新年を迎えました。毎年ちゅうのがイタイよな(笑)
あの「おめでとー!」っていう光ちゃんの声を聞いて、画面いっぱいの「A HAPPY NEW YEAR!」を見ないと、新年を実感できない今日この頃。
イタイタな事甚だしいですな。あ、因みにV6ファンですので。念のため(笑)
スゴイどうでもええコトやねんけど、マッチメドレーで「ミッドナイト・シャッフル」を聞いたら、「銀狼」を見たくなった(笑)丁度光ちゃんが歌ってたし。・・・ええ、V6のファンですよ、確かに。
まーくんの可愛さに、新年早々萌え萌えしてたんですから(笑)

さて今年の目標は・・・・転職かな(爆)
給料の安さが、流石にこの歳ではどうかというくらいに低いので、それなりに貰えるところに、というのが1つと、やっぱ営業じゃなくて営業事務をやりたいのよ!
転職するにも年齢的にそろそろ限界やし。
でもこれは、4月に入るまではお預けやなぁ。

もう一つは「貯金」かな。今マジでお金が無くて困ってて、今ほど実家暮らしをありがたいと思った事はないですわ(^_^;)
歳相応に貯金しなきゃ!
あと貯金といえば、母と二人でこれから「動物病院代貯金」をしようと、決めました。毎月貯金箱に千円ずつくらいで。オジイの分はもうどうしようもないので、家のお金で払って貰ってますが、この先ぐーこの事もあるし、お嬢の太り具合もちと気になるしな(笑)
猫にゃん貯金箱を買ってくるにゃあ~。

という訳で我が家の猫にゃんズの新年の顔でっす!
こじろう 06新年


ぐーのすけ 新年06


お嬢06新年


はい、見事に何の変哲も無い写真でしたね(^^;)ゞ
そらまぁ猫にゃんにとっては、年が変わろうが、日が変わろうが関係ないもんね(^_^;)
しかも今、実はデジカメを会社に忘れてて、携帯で撮ってるので、画像が悪い!
つか、多分会社にあるはず>デジカメ
掏られてたらどうしよう(T-T)
ま、そんな事は3日後には分かる事ですし。置いといて。

改めまして、皆サマ、新年明けましておめでとうございます。
去年お世話になった方も、これからお世話になる方も、どうぞ今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
これからは、もうちょっと見て楽しんで貰えるように、頑張っていきたいと思ってます。
コッチにきてから、ブックレビューもしてへんしね。
そんな私の「好き」を集めたブログになるよう、日々精進してまいります。
どうぞ温かい目で、見守ってやってくださいませ(^-^)