FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
2005/12/17(土) 00:43:58

情けない飼い主です。

我が家の家老・コジロウが、腎不全と診断されました。

昨日母からメールで「起きてきたコジを見たら、口が腫れてて、腫瘍みたい。」と、知らせがありました。
病院で心不全と診断され、「水をよく飲ませるように」という指示と、ダイエット缶詰を持って帰ってきました。
私が家に帰った時には、いつも通りの寝ぼけたオジイで、少しホッとしました。

腎不全という病気がどういうものなのか、私にはサッパリ分かりませんが、やはり寿命を縮めるものなのでしょうか。まぁ、病気なんて大きさの差こそあれ、多少は関係するものですが。
今は調べる気力がありません。


コジロウ風呂場にて1

お風呂大好きっ子のコジロウ。温かいもんね。
ここではまだ言っていませんでしたが、私は鬱病です。
ここ3日ほど決められたお薬を飲んでいなかったので(実際は1週間だった)精神的に不安定だった所に、月のものがきまして、マイナス方向へ直滑降してました。
そういう時に限って、自分の一番弱い所が決壊するんですね。
どうにもコジロウがいなくなる事の恐怖に取り付かれて、コジロウが居なくなる時の事ばかり想像しては、泣いていました。

一番酷かったのは、休みの日にエレクトーンのレッスンからの帰り道にで、「コジロウは、そう遠くはないいつの日か、確実にいなくなるんだ」と唐突に思っちゃって、いい年をして夕方に自転車こぎながら、泣いて帰ってきました。家について早々にコジロウを探したのですが、こういう時に限って、心当たりの場所にはいません。おかげで半パニック状態になって、ダーダー泣きながら「コジロウ、コジロウっ」と叫び、家中を探しました。
結局ヤツは3階の弟のベッドで寝てました。普段は風呂場の仕切りを乗り越えるのにも躓くくらいによろけてるクセに、どうやって2階のリビングから3階の弟の部屋へ行ったんでしょう?何ゆえに???
ともあれ、発見して脱力しました。寝ている所を起こして悪かったと詫びを入れて、部屋を出ました。

そんな事があった2日後ですから、そらもう精神はグラグラです。
歩く姿を上から見て、本当に骨と皮と毛皮だけになっちゃた体は、どうしても涙を誘います。

ダイエット缶詰はどうやら不味いらしく、あまり食べはくれません。
不味いのはわかるけど、あんたの体の為なのよーー!と叫びたいです。
言葉がわかればねぇ、説得するんだけど、こればっかりはどうしようもない。
と思っていたら、今日帰ってコジロウを見たら、右前足に青い布が巻いてありました。病院担当の母が居ないので確認できませんが、点滴でもうったんでしょうかね?ちょっと痛々しいです。

「私の寿命でよければ幾らでも使って良いから、一緒に生きていこうね」
これは昔から我が家の猫にゃんズに言っている言葉ですが、本当に誰か聞き入れてくれないかなぁ。
残される事に慣れない私は、何もできずにただ毎日、それを祈るだけです。

コジロウお風呂場にて水を飲む

コジロウはお風呂場で、お湯を飲むのが好きです。
・・・・これって病気の原因かな?


コジロウお風呂場にて2

お風呂場で見る彼が一番好きです。何となく哲学的な表情に見えるから。
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
ちっとも情けなくなんかないやんか!
ワタシだって、同じ立場ならしばらくは
泣いて泣いて過ごしてるかも・・・だよ。

猫の腎不全は、年を取ると絶対についてくる病気のようです。
少しでも気持ちよく長生きしてもらうために
出来ることをしてあげられるといいね。

ワタシも一時期、ウツっぽいことがあって、
でも病院に行くのは怖くて、幸い専業主婦だったので、家にず~っと閉じこもってました。何かがはじけた正にその日に、りぷちんは我が家にやってきました。

だから今のワタシがいると思ってます。
少しずつ一緒に頑張ろうね。腎臓病の子のためのフードも、何種類かあるはずだから、食べれるやつを探してもいいと思うよ!
メールでも何でも、愚痴り倒したいときは
してきてね。
2005/12/17(土) 14:35:40 | URL | りぷりぷ #-[ 編集]
りぷりぷサマ
 ありがとう!ちょっと泣いちゃった(笑)
そっか、腎臓病は年寄りびょうなのか。ちょっと気持ちが楽になりました。
ネットでそれ用のネコ缶を、探してみようと思います。
りぷちんは、りぷりぷさんの天使なんですね。だって普通鬱病って、閉じこもってると、悪化するんですよ(^_^;) 酷くならなくて、ホント良かったですね(^-^)
よし、私も頑張るぞー!
2005/12/17(土) 19:28:56 | URL | ルイカ #-[ 編集]
文章混乱気味で、ごめんなさい…
腎臓疾病って猫の老化にとって自然なんです。
だからあまり悩みすぎないでね…とはいえ
私もこのエントリーとりぷりぷさんのコメントを読んで
目がうるうる~になっています・゚・(ノД`)・゚・
みんなで一緒に乗り越えていきましょう!
あまり力になれるかどうか、なんですが
私も何かお手伝いさせてくださいね。

腎臓疾病の初期症状は「多飲多尿」。
はじめはほとんど症状がわかりにくく、
血液検査でかろうじて分かる程度だとか。
フードとかは病院で処方してくれるので
(たしかサイエンスのだったっけ)
一度相談してみてくださいね。。。

私もね、
『ぴょこはいつかいなくなってしまう』って
考えただけで涙が止まらない時があります。
もう、ぜったいペットロスになるだろうなあ。
ルイカさんが泣きながら帰宅する姿が
自分と重なってしまいます…
本当に
『私の寿命でよければ…』
気持ち、分かります。
2005/12/20(火) 19:00:05 | URL | gen #-[ 編集]
genサマ
ありがとう。
教えてもらった通り、多飲多尿だったんだよ~!びっくり。症状まんまだった。
こうして応援してくれる人が居るだけで、とっても気持ちが落ち着きます。
確かにぴょこたんもそうだろうけど、時間はまだまだあるんだから、大丈夫だよ(^-^) 体とかの変化に気を付けていれば、残り時間が短くなリだした事に気付くだろうし。
私は始めての飼い猫を、何の心積もりもない状態で亡くしたので、未だにペットロス状態です。(鬱病の原因の一つだと自己分析してるんだけど)
お互い愛しい仔達との時間を、大切に幸せに暮らしていこうね。
2005/12/25(日) 23:32:33 | URL | ルイカ #-[ 編集]
すんまへーん、たびたび…
猫ブロガーのお友達が
処方食を紹介していて、リンクをたどっていったら
腎臓疾病用の処方食がいくつかあったので
サイトをはっておきます。
http://www.rakuten.co.jp/wwpc/index.html
獣医運営のサイトなので、病院での処方食が多く目立ちます。
念のために、かかりつけの病院でも確認してみてくださいね。
2005/12/27(火) 00:58:40 | URL | gen #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::