FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
2006/03/12(日) 23:40:59

鬱の症状

相変わらず鬱病は治る兆候を見せません。
最大の理由は、少しよくなると何故だか薬を飲む事を忘れてしまう事でしょう。
1,2月がそうでした。気付いたら1ヶ月近く全く薬を飲んでいませんでした。
おかげでまたもや、どん底の精神状態になりました。
手っ取り早く言うと、「死んだ方が楽かな~」と思ってしまうのです。
全てが面倒で、全てが煩わしくて、全てが自分を必要としていないという事を分からせようとしているようで、「生きている意味」がない事を実感します。
「死ぬ理由」なんて簡単なんですよ。
タイミングと状況が揃えば、いつだって死ねると思うんです。
例えば旅行の申し込みをした2時間後に、首吊って死んじゃった、なんて事はありうる事です。少なくとも私には、アリな事です。
「楽しい事をしよう」と思った事も事実でしょうが、それよりも後に来た「死のうかな」という気持ちと、状況が揃ってしまえば、そりゃ死んじゃうでしょう。
で、この「死ぬ」と言う行動ですが、私にはどん底にいても、何故かとてつもなく冷静で現実主義なもう一人の自分が常に側にいて、「オマエに頚動脈を切れるくらいの度胸があんのかよ」とか、「首吊るって言ったって、ロープから用意しなくちゃいけないのに、そんな事してる間に、どうせ気が削がれるだろ」とか言ってくる訳です。
そんな冷静な自分と、ある意味感情的な自分が、常に頭の中で言い合いをしていて、その内冷静な自分の思う通りに、気が削がれて、結局その場に倒れてジッとして動く気力が出るまでの間、泣いて過ごすのです。
こんな事の繰り返しで、もう彼此4年が過ぎようとしています。
最近はコレに、生理前の鬱がプラスされました。
勿論これは、所謂「ブルーデイ」と言うようなカワイイものではありません。
もの凄く大きな劣等感や自己嫌悪が、ちゃんとした形を持たずに私を覆いつくすのです。
こればっかりは上手く言葉で言い表せないのですが、自分に対する敵意を内側から向けられている様な、「オマエなんかに生きてる資格があるわけないだろう」と言われている様な、なんとも強烈な負の感覚に侵されるのです。
一過性なので、ベッドや机に突っ伏して、その感覚を我慢しているうちに、外界から何らかの刺激を受けて(例えば誰かに呼ばれるとか、電話がかかってきたりとか)、何とかそれを振り切ろうとします。
でも外界からの刺激に反応できるようになるには、結構な時間がかかるので、だいたい半日くらいそれの繰り返して、ようやく普通に動けるようになるのです。

いったいいつまでこうしているんでしょうかね?
大人になりきっていないから、こんな風になるのか、元々何らかのムリが祟ったのでしょうかね?
病院の先生はあまり突っ込んだ話はしないので、よくは分かりませんが、鬱病の人ってこんなもんなんでしょうかね?
どうやって治るんでしょうかね、コレは。
本当に薬だけで治る日が来るのでしょうか?
こんな問題を抱えて、それでも一応は社会の中でやってるんだから、人間ってのはどこまで図太いんでしょうかねぇ?(笑)

いつか、「そういう大変な時期もあったなぁ」なんて思える日が来ることを、少しだけ願いながら、今を生きています。
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
兆候とか思うんです
先生などを旅行するはずだったの。


2006/03/13(月) 10:13:31 | URL | BlogPetのchoro #-[ 編集]
私も死にたくて死にたくて仕方のなかったときがありました。
ルイカさんと同じように冷静な自分の「そんな勇気ないくせに・・」なんてな言葉に落ち込んで、実行は出来ませんでした。
そんなときでも、ちゃんと働くことだけはしていたのが自分でも不思議です。それ以外は、ただの引きこもりでしたが。
薬だけでは治らないとも思うのですが、薬を飲み続けることは、回復の一歩を踏み出させてくれると思います。
2006/03/17(金) 04:25:15 | URL | ゆり #skMrwbAU[ 編集]
choroが、先生や、冷静とか劣等や、広い最大などを反応すればよかった?


2006/03/20(月) 10:36:07 | URL | BlogPetのchoro #-[ 編集]
ゆりサマ
貴重なご意見、ありがとうございます。薬は自力で何とかなるまでの、気持ちの底上げ役だと最近思うようになりました。ゆりさんはもう治ったんでしょうか?だとしたら心強いですね。「鬱は治るんだ」って思えますから。
2006/03/23(木) 23:40:06 | URL | ルイカ #-[ 編集]
くらい言葉とかもの凄く最大とか敵意などをオマエすればよかった?


2006/03/27(月) 10:30:28 | URL | BlogPetのchoro #-[ 編集]
自己判断が入ってますが、ちゃんと眠れるようになったし、嫌々行っていたバイトも楽しく感じているし、将来の夢みたいなものも出来たので、治ったものと思っています。
お薬をやめて、一ヶ月半ほど立ちましたが、日常生活は全く支障がでないようになりました。フルタイムのお仕事を探している最中で、朝からちゃんと働けるのか不安ですが、ここ三年ほどの充電があるのだから!!!と思えるので大丈夫だと思っています。大丈夫だって、気負いではなく自然に思えるので、あまり、心配にもなってません。

だから、鬱は絶対になおります。
お薬は、それを助けてくれます。継続して飲むのが大事だと、私の主治医は言っていたので、飲み忘れに注意してくださいね(^^)
1/10の申請もうまく行くといいですね。
2006/03/29(水) 02:10:43 | URL | ゆり #-[ 編集]
ゆりサマ
そっか、治られたんですね。羨ましいし、何より治るんだと言う希望が持てました。何だか治る気がしなくて、死ぬのと治るの、どっちが先だろう?って思ってたくらいですから。ありがとうございます。
申請も無事に通りました。安心して病院にいけます(笑)
またよければ見に来てやってください。最近は更新が全然ですが(^_^;)本当にありがとうございましたm(_ _)m
2006/03/30(木) 00:14:13 | URL | ルイカ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::