FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
アンコールが3回 (1) アンコールが3回 (1)
くらもち ふさこ (1986/08)
集英社
この商品の詳細を見る


なんか今日、帰りの電車の中で、突如読みたくなった。
なので帰りに、いつもの古本屋さん「街の草」へ。
したらば、ちゃんとあるんだな、これが(笑)
しかも復刻版の文庫じゃなくて、当時のままのマーガレットコミックスであったんだよ。スゲーな、相変わらず。大抵はある気がするぞ(笑)
でまぁ、ついでだから、店にあったくらもちふさこのマンガを買い占めてみました。っていっても3種類なんだけど。

『アンコールが3回』全3巻
これって途中経過は良く覚えてないんだけど、ラストの終わり方がスッゴクよかたのは覚えてる。”女の子”の気持ちが甦るぞ(笑)

『千花ちゃんちはふつう』全2巻
『A-Girl』全2巻
この二つは、記憶に無いんだよね~。
『千花ちゃん・・』は、昔読んだ気もしなくもないんだけど。
『A=Girl』は、絶対に読んでない(笑)

さて、明日のお休みは、この3作品と過ごしますか(≧∇≦)
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
前作の花男とはガラリと変わって、主人公やその周りの人達の一歩ふみ出す姿に焦点を当てている作品です。主人公ケイトも昔傷を負っている子なのですが、その傷を乗り越えた後も「何かいいことがあるとその後必ず大事なものが壊れる」「誰も幸せにしてあげられない」等、色...
2007/10/06(土) 06:50:50 | ゆいのブログ