FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
2006/11/23(木) 20:00:34

『sad movie』

先週の金曜日に、韓流にハマっているオカンに連れられて、映画を観てきました。

泣ける映画”とのこと。
オカン曰く「友達が試写会観て、大号泣した!って言ってた!!」と言うのですが。
このオカンと私の映画の好みって、ほんとに合わないんですよ。
よく一緒には観に行くのですが、大抵感想が食い違います。

で、オカンは大判のハンドタオルを用意して、二人で行ってきました。
因みにこの日はレディース¥デイ。
つまり思いっきり平日、私は仕事で翌日も仕事。朝6時半起きです。
そんな事はお構い無しに、「だって是非見たいねんもん」の一言で、最終を見行くことになったんですよ。
どうしてこうも、自分本位で独りで行動できないかなぁ~(ノ-_-)ノ ~┻━┻

まあそれはともかく。

言ってきました、梅田3番街シネマ。
かなり空いてて、ほぼド真ん中で見れました。
やっぱ平日やしね。
それに見に来ている人の殆どは女性!
男性は必ず女性連れです。
まぁ、当然ですか。

さてさてまあまあ。

結果から言います。








泣いたわ~“o(>ω< )o“o( >ω<)o”
本格的なストーリーなんかは、公式ホームページで読んでいただくとして。


4組の男女がいます。
愛し合っているけど、いま少し先にいけない男と女。
終わった恋に気付かない男と、終わりたい女。
少し人生で触れ合っただけの初恋。
少年を、少しオトナにした母との愛。

どの愛も恋も、「さよなら」で終わります。
でも悲しいけど、哀しくない。
それどころか観たあとに、なんだか優しい気持ちになって、温かいものが残る、そんなお話です。


少しストーリーに触れると・・・・・


耳の聞こえないスウン(女)は、テーマパークで白雪姫の着ぐるみを着て働いています。
そこへハンサムな似顔絵師サンギュが現れます。
その彼へ初めての恋心を抱くスウン。
でも彼女は着ぐるみを着て、彼にちょっかいをかけるしかできません。
しかしある日、彼女は意を決して、素顔で彼の前に現れますが・・・。
『恋に落ちた耳の聞こえない少女と、遊園地の絵描きの物語。
 秘めた想いを口に出せない恋-----』



スウンのお姉さんは、手話アナウンサーのスジョン。
美人でしっかりモノの彼女は、優秀な消防士・ジヌと幸せに満ちた生活を送っています。
一途に彼を想う彼女ですが、段々と彼の職業の怖さに心配が募ってきて・・・・。
『恋に不器用な消防士と、プロポーズを待ち望む手話通訳アナウンサーの物語。
 幸せと不安が隣り合わせの恋----』



ジヌとスジョンがよく行くスーパーで、パートタイマーとして働いているスッキョンと、優しくお人好しな無職のハソク。
3年付き合ってきて、とうとう彼女に別れを言い出されたハソクは、何とか彼女の心を繋ぎ止めようと、”別れさせ屋”をやり出しますが・・・・。
『彼女の心を取り戻したい”別れさせ屋”と、新しい恋を見つけてしまった彼女の物語-----』



会社経営をして多忙な毎日を過ごしているジュヨンですが、ある日病に倒れます。
小学2年生のフィチャンは、お母さんの病気は心配だけど、会いたい時に会いたいだけ会えて、ゆっくりお話ができる現状にとっても満足。
でもある日、彼はお母さんの病名を知ってしまいます。
そこで公園で出会った”別れさせ屋”のオジサンに、ある依頼をしますが・・・・。
『病に倒れた母親と、愛する母を守りたい少年の物語-----』



『』内はパンフレットからの引用です。
どのお話も「美しく」作ろうという感じではなく、どこかにある現実の話のようです。
でも「さよなら」のお話ですが、重くはありません。
かといって、薄っぺらなお話ではなく、どの恋も深く温かくできあがっています。

「今ちょっと泣きたい気分なんですけどーー!」と言う方は、映画館に走るか、DVDが出たらレンタルしてください。
泣けるし気持ちが軽くなるし、お徳感いっぱいですよ(笑)




どうでもいいですが、私はチャ・テヒョンが演じた「ハソク」タイプの、”私がいなくちゃダメなのね”という男性に弱いです(笑)

あ、今気付いた。
どの登場人物も、皆優しいんですよ。
優しさがあって、やってくる「さよなら」。
だから悲しくないのかもしれませんね。




因みにオカンですが。

「泣き所を探してる内に、話が終わった~!!!」

泣けなかったようです(爆)



・・・・・過剰な期待は抱かずに、観に行ってください(笑)
スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::