FC2ブログ
カクタス ホテルでお茶を一杯
猫にゃんの事や興味のある事、私の鬱病についてなど。更新停滞中。
毎度ご贔屓にしている、trv06さんから新作が届きました!
やっぱ今回も可愛いよ!キレイだよ!オサレだよ!!
でも惜しむらくは、私の首が標準サイズという事か。
首の長い人なら、きっと映えるんだろうなぁ・・・。
でもとにかく今は、集めて付けて楽しむんだい!(*´ェ` )(´ェ`*)ネー

と言う訳で、今回の新作~vv

ゴールドの樹脂ビーズのフリンジピアス
『ゴールドの樹脂ビーズのフリンジピアス
長さ 7cm
これはゴージャスです!
一番上の玉が内側でちょっと亀裂が入っている様なんですが、その亀裂が赤いんですよ。
で真ん中に黄色いライン(金具を通す穴かな?)が入ってて、とってもキレイ。
一番下のビーズは、玉の半分が虹色に光りますvv






ベージュピンクのチェコフリンジピアス
 ベージュピンクのチェコフリンジピアス
長さは 6cm
よく見ると、フリンジの部分とその上のビーズが、左右で色が異なってるんですよ♪
trv06さんは、よくこうやって手作り感を出されてますね。
付ける方も、それがとっても嬉しかったりヾ(〃・ω・)ノわぁい♪
前回も似た雰囲気のピアスを購入しましたが、こういう素朴な感じのものは、付けて会社に行っても、余り目立たなくていい感じです(笑)
それにしても、今回も画像がブレブレだなぁ~(泣)




金色の灯篭と勾玉のピアス
『金色の灯篭と勾玉のピアス』
長さ 6.5cm
これはねーっスッゴク綺麗なんですよ!!
写真なんかより、全体の金色がとてもハッキリしていて、光を受けてキラキラするんですよ~!!
灯篭って言うのが、すでに珍しいと思いますが。
勾玉が黒なので、そこでビシッと締まる感じ。









三日月のオニキスと透かしチェーンのピアス
『三日月のオニキスと透かしチェーンのピアス』
長さ 前4cm 後9.5cm
後ろ側(キャッチ)にも、飾りがあるタイプ。
キャッチ型を付けるのは、こういう物だけですね。
何故だかすぐに取れちゃうので、出来るだけフック型を選んでます。
これもほんとに、金色と黒の美が映えてますよね~♪
片方だけお月様に、透明なビーズ(星かな?)が付いてるのも、とっても魅力的vv






雪雲の七宝ピアス
『雪雲の七宝ピアス』
長さは6cm
これもフリンジが付いてて、かなりゴージャスなんですけど、実物はもっと控えめな美しさがあるんですよ!!
なんてったって、一目惚れでしたから( ´艸`)ウフフン
絶対に落としたくて、私なりにかなり高額で入札しました。
結局値上がりしませんでしたけど。
良かった~(笑)
七宝の部分が、うすーいブルーグリーンなんですよ。
はふ~今回のイチオシです♡(*´д`*)ハァハァ ←違っ


アメ色の古銭風チェコトインド鈴のピアス
『アメ色の古銭風チェコトインド鈴のピアス』
長さ8cm
今回最長ですね。
でもこれも、今髪が長い目なので、会社向き(笑)
落ち着いてて、イイカンジ♪
これもフリンジ(?)部分と下の結び目が、左右色違い。
結構よく使うのが、こういうあまり存在感をアピールしない、でもよく見たら可愛い!やつですね。
でも惜しむらくは、インド鈴が全然音がしない事でしょうか(^_^;)
残念!



はい、今回はこの6点。
アップしてませんが、先生用に1点購入しました。
あ~、どうしてピアスって、見てるだけで楽しいんでしょう?
選んでる時が、一番楽しい。
だって付けたら、鏡見ない限り見えないもん(笑)
このままいったい、何個までピアスは増殖していくのでしょうか?!(爆)
今もまだ、入札中のとかあるしね~。
ま、飽きるまで頑張るさ♪

スポンサーサイト



 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
おお素敵
きれいだね。
灯篭のがいいな~。
2007/01/22(月) 10:24:22 | URL | NON #-[ 編集]
こういうの見ちゃうとまた穴開けたくなるわ^^;
イヤリングよりピアスの方が断然オサレなの多いもんね。
2007/01/22(月) 13:20:48 | URL | みるきい #-[ 編集]
NON先生♪
ありがとうございます~って、私が作った訳じゃないんですが(笑)
灯篭って珍しいでしょ?
付けてると、イイ気分になれるのが、この方の作品の魅力なんですvv

みるきぃさん♪
開けようよ!(笑)
最近はイヤリングの数も、減ってきてるしね。
私ってイヤリングしてると、すぐに痛くなって、外してまうねん。
ピアスが痛いのは、初回だけやからね(笑)
2007/01/23(火) 00:49:50 | URL | ぎゅむりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::